เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ละครชีวิต ศิริพร อำไพพงษ์/『ラコーン・チーウィット』 シリポーン アムパイポン

     rakonchiwit.jpg


名曲、『ラコーン・チーウィット』。マイ(ク)・ピロンポンが歌い、そしてシリポーン・アムパイポンが歌い継いだ。。実に名曲と呼ぶに相応しい曲ですね。良くこの曲の事、シリポーンの。。と言うと必ず、否、マイ(ク)・ピロンポンが最初だよ!と突っ込みが入ります。レコーディングの順は確かにそうです。が、シリポーンが歌い始めた以降、コンサート等でこの曲を歌うマイ(ク)の姿を見ていますが、最近はシリポーンの影響がマイ(ク)の歌い口に出ていると私は思ってます。その位、シリポーンはこの曲を見事に仕上げたと。。そして、これもまた典型的なクルンテープに出てきたコン・ジョン・イサーン賛歌の一つ。クルンテープの表向きの繁栄を影で支えて、社会の底辺に居る彼らを激しくも優しく癒すこの歌。この曲を聞かずして現代のルークトゥンは語れないとまで言えるでしょう。

作曲は普通ならサラー・クンヌウット先生辺りになるかと思いますが、私が尋ねた範囲では、誰に聞いても皆、空を見上げて遠い目になってしまいます。『ละครชีวิต 』で検索をかけると。。古い歌手が歌っているのを見つけましたが、同じ曲かは不明。。どなたか教えて!!!この曲のメロディーなんですが、少し不思議というか表現が難しいですが、例えば日本の歌謡曲が中国経由で入ってきて、タイ語で歌われたという例が幾つかありますが、そんな風にも聞こえてきます。またはルークトゥンとしてある前に歌謡曲としてあったモノがこうしてルークトゥンとして歌われるようになったとか。。そんな感じに聞こえて仕方が無いです。

そして、このシリポーンのVCDカラオケの映像が実に良く出来ていて(もしかしたマイクのものを流用したのかも。。)、上に何枚かクリップしたモノでも判るかと思いますが、クルンテープの底辺社会が上手く捉えられていて痺れます。とにもかくにも一聴を!

試聴はコチラから。。シリポーンの2ヴァージョンと、マイ(ク)・ピロンポンのと3曲聴けます。

YouTubeのコチラではVが視聴出来ます。

ศิริพร อำไพพงษ์
ละครชีวิต
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/170-3e733c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。