เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集!ジンリートカーオ②/ Concert at OTOP

jinsadensot3.jpg

jinsadensot2.jpg

jinsadensot7.jpg

jinsadensot1.jpg


この11日~20日までムアントン・タニーの巨大展示場の内、新しく出来上がった「チャレンジャー」なる展示場で行われた『Best of OTOP』。とりあえず初日に行って見たんですが、以前もアトラクションでアパポーン・ナコンサワンを見たことがありまして、多分今回も何かあるだろうと。薄々の期待がありまして。。。で、初日、やはりありました。またもやアパポーンのショーが。。この時点で、という事は20日まで毎日誰かしらのミニ・ショーが在る!という事が頭の中をぐるーんと。。。しかし、この日は残念ながらカメラ持って行かなかったので記事にならない。うーん。このアパポーンのミニ・ショーに付いてはまた日を改めて取り扱いましょう。で、毎日行くつもりだったんですが、他の用事もあったりして全部は見れませんでした。途中行った日なんかはルークトゥンじゃなくてポップ・ロックだったりしてガックシという日もありました。で、2日目です。ステージ裏にいたスタッフと思しき人に今日は誰が出ますか?と聞くと。。いきなり「ジンリートカーオです。」と言われ。思わず自分の体がジャンプしてしまいました。555
しかし、この話はもう少しありまして、ワクワクしながらショーが始まる頃に、別のスタッフの方に「ジンリートカーオはもう来ていますか?」と聞くと、「?いえ、今日はマイク・ピロンポンですが。。」との返事。「エッエッエー!?」ですよね。まぁ。このようなチョットした間違いというか何というか、タイでは良くあることですが。。。意気消沈。
勿論、折角ですからマイクのステージも見ましたが、なんかもう心ここに在らずという感じだったので、見ていても気が入らない事。。。見るの止めて、ステージ裏の椅子が並んでいる所に座ってショーの音とたまたまステージ裏に表のステージを写す巨大ヴィデオ・スクリーンがあったのでそれを、ボーっと見て居ましたんです。トイレに立ち、元の椅子のところに戻ろうとした時です!前方50mくらいの所を。。信じられない光景が!ジンリートがこっちへ向かって歩いてくるではアリマセンカ!彼女の方も直ぐに気が付いてくれて、お互いに「何で!?」と言う顔のまま近づき。。なんだか「ワーワーワー!」でした。ジンリート曰く「今日はダンサーを見に来たのよ!」なんか良く意味が取れなかったんですが、そして「わたしは18日だから、また来てね!」と言われ。「OKカポン!」です。まぁ、いつでもいいんです。ジンリートのショーが見れれば。。ハイ。

さぁ、18日当日、何時ものように余裕こいて会場に着くと、もう始まってました!焦る!この日は平日ですから、土日の半分以下の来客ですが、ステージ前はもう一杯です。観客を掻き分けてステージ前のジュータンに座り込みを決めました。まだ、始まったばかりの様です。良かった!直ぐに彼女は私の事を見つけてステージ上からワイをしてくれます。持って来たマーリーを渡しにステージへ近づき、目と目があったらワイをして手渡ししました。上の写真で彼女の右腕にしているのがソレです。

さぁ、ステージ上のパフォーマンスを報告していきます。

バックのサウンドはカラオケを使用。歌は勿論生歌です。で、歌った曲は彼女の御馴染みの曲ばかりです。
『ジョップ・マイ(ク)・プロッ・ジャイ・ラック』
『マイ・ルーム・マイ・ルーム』
『サーオ・ハーン・ポート・サープ』 以上アルバム『サーオ・ハーン・・』から
『ハッチューイ...ティー・ラック』 アルバム『ハット・チューイ・デァーンス』より
『チューン・ジャー』 アルバム『チョー・マリー・4・バイ・タオ』より
もう1曲やったような。。思い出せない。。

もうイメージどおりのジンリートの歌世界の全面展開!声がでかいし、上手いし、音程が安定しているからもうやりたい放題ですね。ダンサーの他に曲間のつなぎのお喋りの合い方の男が居て、軽妙なやり取りも百戦練磨な感じでステージを作り上げていきます。

途中、おば様が贈り物を差し出しに来て、その方ジンリートの手を掴んで離さないんです。「もう、あなたの事、好きよ~。」ってな感じで。。その気持ち、よーく判ります。ステージを終えた後も暫くファンの人と写真を撮ったりしてなかなか離してもらえなかったジンリートをステージ裏で待っているときに、近しいファンの方とお話したんですが、あまりクルンテープではコンサート無いですよね?と聞くと、「ターング・チャンワットばかりなんだよ。。」と、地方では結構やっているとの事でした。日常的な営業活動として、結婚式とか、出家の時の催しとかそんなんでイロイロと声がかかってやったりしているようです。ジンリート一人呼んで、ダンサーとPAとで幾らくらいで来てくれるんだろうか。。。いつか聞いてみます。

やっとファンから開放されたジンリートが来てくれました。なんとご両親がきて居られて紹介されました。イロイロと聞きたい事も在ったんですが、普段は何処にお住まいですか?と聞いただけです。答えてくれた地名がわからないので、「?」としているとランシットの近くですとの事。結構近くに住まわれているみたいで、なんだか嬉しくなりました。ほんと、555ですが。「チョット最近はマイサバーイ気味なのよ。ナンか出演の話が決まったら、連絡しますね。」と嬉しいお言葉を頂いて気持ちにケリがついたので、再会の言葉を残して分かれました。

イメージ通りのジンリートカーオでした。




スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

チョット忙しくて記事が遅くなった事をお詫びします。手前どもの彼女に対する想いが伝わったようで、感激でした。

  • 2006/08/21(月) 19:06:57 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

連日のムアントンタニーお疲れさんです。GJ

顔見知りのKomtaさんに、いい表情見せてくれてますね。
近くで撮れてよかったですね。

  • 2006/08/21(月) 01:52:51 |
  • URL |
  • dee #QMnOeBKU
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/144-2a4b6d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。