เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集!ジンリートカーオ・・①

      jinreetkhaojac1.jpg

      jinriitjac3.jpg

      jinreetkhao2ss.jpg

      jingjack.jpg

      jingriitkaao.jpg


 愛しのジンリートカーオの特集を組んでみました。このジンリートカーオという名前の発音、結構難しいんですよ。今までこの国の人にこの名前を言ってなかなか通じないの事が何回もありました。某氏は未だにルークトゥンと言って通じないと言ってました。判ります。トムヤムクンしかりですね。ジンで上がって、リートで下げる、で、カーオは平に発音する。これですね。

彼女の事が気になり始めると、どうでしょ、行く先々で上にあるCDが次々と私の手元に。これは何かがある証拠かも。。。いや、ありました!それは後々ゆっくりと。。

- ปี 2540 อัลบั้ม “ จิ้งหรีดขาว อยากมีแฟน” เพลงที่สร้างชื่อคือ “ฮัดเช้ย…ที่รัก”
- ปี 2542 อัลบั้ม “ จิ้งหรีดขาว จื๊ด จื๊ด” เพลงที่สร้างชื่อคือ “ตบติดเน็ต, สาวชัยนาท”
- ปี 2544 อัลบั้ม “ คนนี้ของหนู” เพลงที่สร้างชื่อคือ “คนนี้อาหนู, หนูชอบสตางค์”
- ปี 2545 อัลบั้ม “ฮัดช่าแดนซ์” เพลงที่สร้างชื่อคือ “คนนี้อาหนู, หนูชอบสตางค์”
- ปี 2548 อัลบั้ม “สาวห้างโปรดทราบ”
以上の情報はU2のHPコチラから抜粋しました。『サーオ・ハーン・・』の試聴付きです。


と、以上5枚が彼女のソロ・アルバムの全てでしょう。記念すべくファースト・アルバムは2540年ですから、9年前に出ました。 アルバム・タイトルは『ヤーク・ミー・フェーン』。可愛い事を言ってます。しかし、このアルバムの中で既に彼女の十八番『ハット・チェーイ...ティー・ラック』が入っています。”ハット・チェーイ、ハット・チェーイ~~”と歌うアレですね。ゴキゲン且つ必殺のジンリート・チューン。この曲は、後のUPL録音(下から2枚目)でもう一度取り上げますし、毎度の話ですが映画『モン・プレーング・ルークトゥンFM』のステージ・シーンでも歌われました。という事で彼女の代表作ですね。
この曲に代表される様なタイプの曲が一番得意としているでしょう。元気があって、元気を貰えるという。スローなルークトゥンは?これも彼女一流の味わいで披露してくれます。彼女元々、リケー役者の方から来たようで何曲か、普通にスローなルークトゥン曲を歌い始めたのかなと思いきや、曲が進むに連れ、リケー唱法で曲がグングン深まって行くという展開の曲があって面白いですし、興味深いモノがあります。

そうそう、ここでは彼女のソロ・アルバムという事ですから、取り上げませんが、彼女の出演したリケーアルバムがこれまた物凄い枚数でています。10枚近くはあるでしょう。その内、この辺のアルバムも紹介して見ましょう。

2枚目の『ジュッジュッ』。アップ・テムポの曲はポップに、それ以外を占める半分以上がスローなルークトゥンです。ポップな曲ではかわいらしい声で歌っていて可笑しいです。『トップ・ティット・ネット』がポップな方、『サーオ・チャイナート』がスロー曲で小ヒットしたようです。

3枚目はアップな曲が元気がいいです。コレくらいハード・ドライヴィングな方が彼女にあっているように思います。しかし、スローな曲もしっかり半分、収録しています。アルバム・タイトルは『コン・ニー・コーング・ヌゥー』で同曲と『ヌゥー・チョープ・サターング』の2曲がヒット!した模様です。

以上3枚がMMG(メディア・ミュージック・グループ)からでしたが、ここで心機一転UPLへ移籍。アルバム『ハッチャー・デァーンス』を発表。2545年の事です。
このアルバムは強力です。全体のサウンドが所謂、トランス/打ち込みモノ。普通に聞くとバックのサウンドがうるさくて聞きづらいかとも思えますが、いやいや、ジンリートは逆に元気爆発!しています。コレいいですよ。先にも言った十八番の『ハッチューイ。。ティー・ラック』の焼き直しと、名曲『ナムター・ファー』(スローとミディアムの2ヴァージョン)が入っています。UPLはココ1年位前から経営状態が思わしく無い様で、スター歌手の流出が目立ち始め、その代わり過去のレコーディング物を再発の形で乱発していまして、このジンリートのアルバムもソレ。しかもCDとVCDの2枚セットという事になっていて、私が購入したのは29Bで売って居ました。それと、ベテラン歌手のスダーとカップリングされたVCDも在りますね。

UPLを抜けたジンリートは今度はU2レーベルへ移籍。移籍が2544年で、満を持した形で翌年2545年にアルバム『サーオ・ハーン・ポート・サープ』を発表。非常にバランスの良く取れたジンリートの魅力で一杯です。勿論、代表曲はヒットしたアルバム・タイトル曲『サーオ・ハーン・・・』です。サーオ・ハーン=デパートの女という事でデパガになったジンリートが可愛いです。大丸はもう無い時代なので何処だろう。。Vを見ているとデパートと言うよりスーパーみたいなイメージかも知れませんね。いや実際に“タム・ガーン・ハーン・ホー・ロータース・タン・サマーイ~~”とテスコ・ロータスの名前が歌われています。

ジンリートはこの後、U2で「チョー・マリー・4・バイ・タオ」なる4人の女性グループに参加した事はもうご存知でしょうが、実力No1の力を発揮している事は言うまでもありません。このジンリートも強力です。

以上、急ぎ足でしたがジンリートカーオの全ソロ・アルバムを紹介しました。ルークトゥンのもう一つの魅力、歌謡ダンスなルークトゥンを実に魅力溢れたものに仕上げた重要な一人と言えるでしょう。

さて、明日もジンリートに関しての記事が続きます。555






スポンサーサイト

コメント

こんな曲も歌ってたんですね

555!ハックチョンて言ってるような気がする。

  • 2006/08/25(金) 02:12:18 |
  • URL |
  • dee #QMnOeBKU
  • [ 編集]

o( - ii - )o

このハッチャー!というの判りますか?「ハクション!」くしゃみの事みたいです。途中、ジンリートがいきなり「ハッチャー!」と凄いタイミングで入れるでしょ。あそこカッコイイ!UPL盤からですね。

  • 2006/08/24(木) 18:02:05 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2006/08/24(木) 02:14:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

o( - ii - )o

タイ語の発音は無気音と有気音がまず最初の関門だとおもいます。特に無気音。息が出さないで音を出すアレ。トムヤムクンのクンが無気音なのでコレがチャンと出てないとまったく通じない。何のトムヤムなのかが伝わっていないのですから。。でグンというと息が出ないので通じると。

ルークトゥンのトゥンの部分は有気音ですが、口のなかで響かせるように言うと通じる事が多いですね。

生ジンリートはCDで聞くのをそのまま生の迫力にしたモノでした。素晴らしいの一言です。因みに『サーオ・ハーン..』は去年ですね。

  • 2006/08/21(月) 20:52:23 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

デバガのジンリート、もう4年前ですか

モーラムは通じるんですがルークトゥンはいつも通じないです。
”L"と"R"の区別ができない日本人。Rooktoonになるんでしょうかね。
http://www.youtube.com/watch?v=sF7ywxGZaI4
4人の中でジンリートカーオが一番うまい。

  • 2006/08/21(月) 01:35:48 |
  • URL |
  • dee #QMnOeBKU
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/143-70683952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。