เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうの好きです。

duangss.jpg

右下のおじさん。なぜかティック・シローです。

joyu2.jpg

これが件の曲を歌った女優のアーラヤー・エー・ハーゲート。


doramabon.jpg

ドラマ本も勿論出ました。

タイのTVドラマと云うのはエライ人気があって、それは音楽に対する人気よりも上を行っているのではと常日頃思うところです。どちらが上かなんていう事は数字で出てくると解かり易いんでしょうが、そういうリサーチなんかはこの国ではなかなか難しい面があるんでしょう。具体的には俳優の人気と言うのが凄いです。良く、一般の歌手と俳優が同じステージに立つと、これは俳優に対しての拍手の方が多いかな?といつも思いますネ。

 このドラマ一般なんですが、ルークトゥンを舞台にしたものが後を絶たないんですね。主演男優、女優がそのルークトゥン歌手の卵として登場して、段々成長していくとかそんな感じですが。。過去のドラマで有名なのはゴット・チャカパンが主演した幾つかのもの。最近ではジョーイ・シリラックの『ラーチニー・モーラム』のヒットがありました。何故、ルークトゥンを舞台にしたモノが多いのかと言うと、まず、ルークトゥン自体が人気が強い事。それと、その舞台、いや舞台裏がドラマ的に有効なのではと見ますが。。色んな人間が居て、それが絡むように関係があったりして。。実にドラマにすると幾重にもその人間模様が描けると。。。勿論、最後は涙涙の結末という。。。

 で、昨年のヒット作、先の『ラーチニー・モーラム』が終わったと思ったら、直ぐに違う次のルークトゥン・ドラマが2つ始まり、やはりそのどちらもが人気を博しました。ひとつは『แคนลำโขง』ケーン・ラム・コーングでお気に入りの女優ヌン・ワラヌチが主演したもの。これもCDが出ていて、そのヌン自身もルークトゥンやっていますが、こちらはルークトゥン歌手としては素人さんレベルの出来でしたが。。(私、買いましたが。)

ke-nn.jpg

nunn.jpg

 一応、こちらも載せます。綺麗でしょ、女優のヌン。

もうひとつ『ดวง』ドゥワン、こちらが今回紹介してみたいブツなんですね。コチラはグラミーからCDもVCDも出ていて、ドラマのモノですからチャンと売れています。しかも、プロモーション曲を主演女優のอารยา เอ ฮาร์เกต /アーラヤー・エー・ハーゲートが歌った、『เจ็บที่ต้องจ่าย 』ジェップ・ティー・トーン・ジャーイを強く押し出し始めてから、ヒットに火がついた感じが強いです。

 前回の記事で、なんとももったいぶった書き方をしたんですが、(例の試聴サイト絡みの記事の最後の部分ですね。。)こういう前振りを付けちゃうと、あぁ~TVドラマね。。若い女優が歌ったのモノね。。とイメージが出来た上で聞くと、詰まらないかなと思ってのことだったんです。

私はコレを聞いて、にわかに沸き立つ想いがしました。まぁ、いつも云っている洗練されたルークトゥンのひとつとしてまず見る事が出来るというアレですね。こういうのが、ルークトゥン歌手ではなく、ポップ/ロック歌手でもない、ナック・サデーン/俳優側から出てきたのが、面白いですネ。出だしの伴奏がルークトゥンしているので、「あ~、ルークトゥンだ!」となるでしょうが、歌が始まるとちょっとその事を忘れてしまう様な気にさせられます。まして、この娘、こんな容姿でしょ。。ますます、解からなくなります。そのバランスがとてもイイ感じに仕上がっていて。。勿論、ターイ・オラタイを聞く時とは全然違う感覚で聞いていますが。でも、ルークトゥンを聞く心構えになるという。。不思議な感じです。そう、不思議な感じ。ココがいいんでしょう。聞いて見てください。試聴は前記事『ちょっと、お聞きしますが、、』に載っています。
アルバム情報はコチラです。

#しかし、ポップ歌手からどうしてこういうの出来て来ないんでしょうね。なんか制御が働くんでしょうか。。ルークトゥン歌手になんかはナラナイゾ!という。。。それも、また面白いですが。


jack.jpg


#名前の読みをアーラヤー・エー・ハーゲートに変更しました。
スポンサーサイト

コメント

マイク兄貴

マイク兄貴は日本車(だったと思う)の4WDほか何台か車持ってて、ほんとは金持ちなのに相変わらずタオルを首にかけるのがトレードマークになってますね。

昔、吉田拓郎が売れて金持ちになっても貧乏なコスプレしてたのと同じですね。

先日結婚直前の友達とタイ料理を食べに行きました。
いろいろタイの話をして、結局彼らは新婚旅行をタイに決定したとのことです。

ところでこんなドリンクあるんすね。
http://blog.odn.ne.jp/bangkok/archives/000675.html

  • 2006/04/11(火) 12:24:41 |
  • URL |
  • にーの #K.YSh4yM
  • [ 編集]

ラメラメ・・・

komtaさん
確かに・・・ラメラメじゃないとゴットじゃな~い!って感じですね。日本人で言うと美川憲一あたりでしょうか。そしてタイ演歌界一、首タオルが似合うマイ(ク)の兄ィは鳥羽一郎ってとこですか(笑)。

**!

にーのサン。。
>新宿にはこんなタイ人いないなー。
それでも、気持ちが入ってしまうという。。。嗚呼!

  • 2006/04/10(月) 15:20:15 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ゴットさんは

たしかにラメラメを着てハネハネのバックダンサーに囲まれてないと変な感じがしますね。

この女優2人はかわいいですねー。
新宿にはこんなタイ人いないなー。

  • 2006/04/10(月) 12:27:40 |
  • URL |
  • にーの #1JQD0tfs
  • [ 編集]

普段着での演技。。

hanaさん。。
ドラマの中でのあの普段着のゴットがいつも調子狂うんですよね。日曜日のサラリーマンの普段着姿ってわかります?まぁ、ゴットはそのまったく逆の所に位置しているんですが。。スポット・ライトを浴びているわけですから。。だから、休みの時の普段着姿が間が抜けちゃうという。。ゴットはドラマの中ではいつもそんな感じ。。。しかし、ファンはそれでもイイんでしょうね。

ゴットの事はいずれ大々的に扱いましょう。

  • 2006/04/10(月) 03:06:03 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

俳優ゴット・・・

komtaさん
これもいつか聞かれるだろうな~、と思っていました・・・。ドラマをやってるゴットはカッコイイ☆、と思う反面「・・・ベタやなぁ」と思うときも多々あります。歌は文句なしですが。
でもなんか、ゴットってたまに「実はちょっと性格悪いんじゃない??」って思うようなときないですか?邪推でしょうか。

ゴットは。。

hanaさん。。
ところで、ゴット・チャカパンはどうなんですか。。私が知っている日本人女性で2人、もういつも大騒ぎする方が居ますが。。

  • 2006/04/09(日) 16:20:18 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

komtaさん
お察しのとおり、ナワポン、好みです(恥)。顔も声も歌い方も・・・。でもなんかこう「意外性のなさ」っていうのでしょうか。予想を裏切るものがあまりない、というか・・・。
てか、すでに好みがバレてしまってるんですね・・・お恥ずかしい。

タイのルークトゥン・ドラマは。。

JiMさん。。
多分TVでドラマが始まって直ぐにやっていると思います。hanaさんの話にもあるように。。hanaさん、10年位前の事でしょ?そして、それ以前にも。。

ティック・シローが以前残したルークトゥンと言うのは知りませんが、少なくとも1曲位ならありそうですね。。

  • 2006/04/09(日) 16:08:51 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ティックシローも出ているんですか

ルークトゥンを題材にしたドラマは見たことがありません。それはいつ頃からの流れなのでしょうか。

ティックシローは10数年前ポップスを歌わなくなったあと、テレビ司会をやったり、ルークトゥンを歌っていたと聞いたことがあります。CDを出したというのは聞いたことがないので、音源は残っていないと思いますが。
(「ティックシロー」このピンポイントにTBさせていただきます)

男優の方は。。

hanaさん。。

いゃ~、hanaさんからコメント来るだろうなと思って居ましたし、来たら来たで、まずいなぁ~と思っていたんですが。。と言うのもこのドラマ『ドゥアン』の男優さんの方のルークトゥンが多分、hanaさん好みだろうなと、思っていたから。。なのに、その男優さんの方の事何も触れなかったので。。どうです、コチラはコチラでhanaさんの好みの範疇に入るんじゃないですか?

  • 2006/04/09(日) 02:55:11 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

タイドラマ・・・

私が初めて見たタイドラマは・・・もうかなり前になりますが「プンプアン物語」(タイ人の友達がこう紹介してくれたのですが、正式なタイトルは知りません)です。ばっちり、ルークトゥンのドラマでしたね。。。
だいたいどんなドラマも展開は同じような感じで、まるで「水戸黄門」のような安心感がありますが、日本のトレンディードラマ的な雰囲気を持ちつつも主人公たちが屋台で食事してたり、持ち物がぱちもんキャラクターだったりと、なかなか侮れません。
それにしても7chの女優さんは、キレイな人が多いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/13-a21b887e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。