เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

คู่บุญ คู่บวช/ไวพจน์ vs ทศพล ・クーブン クーブゥワッチ / ワイペット vs トッサポン


        waipettosapon.jpg


女性歌手が続いたので、男性歌手、それもコレハかなり重いです。
ルークトゥン界の重鎮、ワイポッ・ペッチスパンとトッサポン・ヒムマパーンの2人がまっ正面から向かい合った様なアルバム。うーん。コレは凄く重量感があります。

ワイポットに関しては簡単に済ませられないのでいつか、じっくり書きたいと思いますが、スパンブリー出身のこのワイポットは同県出身の故プムプアンの先輩格。そして後見人てきな存在でもあった。ルークトゥン界のまさに重鎮で現在でもこうしてその燻し銀的な歌で魅了し続けています。一方のトッサポン。前から気になる存在で、ルークトゥン映画『モン・ラック・プレーン・ルークトゥンFM』での、僧侶歌手としたマジなんだかすっ呆けていたのか。。あの演技と本格的な歌とでこれまた魅力溢れる一人です。

この2人がナニをやっているのか。。TVのプロモVを初め見てオドロキです。ナントもボラーン(古い様式)な歌を、お寺の中で座り合い、多分、本来は即興で歌い語るというモノなのではと思えるような事をやっています。まず、ワイペットが唸って一節歌うと、それをすこしあざ笑うように?トッサポンが返していきます。ワイペットの燻し銀的な歌唱をかわす様に、余裕たっぷりなトッサポンの歌は全然負けていません。老横綱と新鋭横綱がガップリ組み合ったままの、手に汗を握るような競演です。

そもそもワイペットのやって来たスタイルもそうですが、トッサポンの方もなんだか普通のルークトゥン歌手の歌の世界とは違うモノを魅せて来ていますが、ここではその本来の持ち味をじっくりと出しています。その違うモノって一体何なのかなと思う訳ですが、こういう時の私のルークトゥンの先生頼み。電話して聞いてみました。判ったような判らないような説明でしたが、確かにトッサポンは普通と違うスタイルの歌手だと。。いう事が判った。。ってこれじゃ何にも理解に進展が無い!それで、もう少し食い下がってみると、やはり仏教関係の音楽/歌があって、そういう方面からの歌手であるそう。なんでも『 クラッ 』という名前の歌/音楽があって、それをやっていた様です。しかし、このトッサポン。現在もう一枚、プロモーションしているアルバムがあって、こちらはポップなダンス・ルークトゥン。と言っても歌い口は何時もと同じですが。その男振りを魅せつける様なつくりになっていて、ホント、良く判らないというか、何でも出来るよという姿が可笑し凄いところです。

当アルバムのプロモ中の『21 ミトゥナー』/3月21日のVは興味深い世界を垣間見せます。場所はお寺にあるな東屋のような所。客も居ます。客と言っても主催はこの客の中に居るとある人物の方でしょう。出家を祝う儀式の時の余興的なものみたいです。確か祭壇のような前でこの2人が座って歌います。バンドは4,5人編成で、その中でサックス・プレイヤーがイイ味だしてリフッたりアドリブを軽くつけたりして、ワン・コードで延々バッキングを付けていきます。リズムは決して走るようなモノではなく、ゆっくり、ゆっくり進んでいきます。面白い事に観客は酒が入っているんでしょう、嬉しそうに踊り出します。踊るようなテンポじゃないですが、実に楽しそうに踊ります。これタイ・ダンスの原型を見るような気にさせます。

多分、このお寺の本堂の方では高僧によるお経とか説教なんかが行われる筈ですが、表の違う場所ではこのような息抜きてきな余興が行われるのでしょう。本堂でのお経に対してみれば、コチラは随分、演歌ポップス的な世界な訳ですが、勿論、普通のルークトゥンなんかよりもっと伝統的な、ボラーンな世界なので、日本人にはとっつきにくいモノでしょう。が、聞いていくうちにトランス状態に入っていくような気分に、唸ります。後で、ナントも脳みそを洗われた様な自分にハッとする。なんか、凄いモノを聞いてしまったようです。

アルバム詳細とサンプル(ホンのさわりだけ)試聴がコチラから。


tosaponotoko.jpg
コチラが同時にプロモ中のルークトゥン・アルバム。詳細とサンプル試聴がコチラから。。
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

レーというの、名前だけで以前から気になっているモノです。レーという語源、霊と関係があるんでしょうかね?
ワイポッの僧侶のジャケ写のアルバムとか何枚か在りますよね。その辺ですかね。。。

  • 2006/08/01(火) 17:46:28 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

トッサポン

このアルバムは聴いていないのでわかりませんが、トッサポンは死者を送るレーを歌う数少ない歌手です。私はレーのアルバムしか持っておりません。ヨーデル風に裏声で歌うのですが、この歌い方のみで、VCD4枚歌い上げる根性に感心した記憶があります。
ワイポットも、出家していますので、レーを歌っていたと記憶しておりますが??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/127-49466b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。