เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hanaの「イケメンルークトゥン歌手10人丸かじり」① ビウ・ポンピパット

      viewvcd5.jpg


今回のシリーズは、ズバリ「イケメンルークトゥン歌手10人丸かじり」ということで、ワタクシhanaが気になっている南国のイケてる演歌歌手たちを、順番にピックアップしていこうという企画です。もちろん顔だけじゃなく、歌やパフォーマンス、PVについても深く掘り下げていきたいと思っています。イケメンしか取り上げない!ってことはありませんよ。あくまで私の個人的主観、私が「むふふ♪」と感じた歌手について、思うまま自由に書き綴っていきたいと思っています。とはいえ当方、日本在住ですのでなにぶんにも情報量は限られてしまいます・・・そのへんのことも踏まえ、みなさんで楽しく語り合っていければいいなぁと思っておりますので、どうぞお付き合いくださいませ。 さて記念すべき第1回目・・・誰にしようか非常に迷ったのですが、やっぱりココは私がルークトゥンの世界にハマるきっかけとなったイケメン歌手、ビウ・ポンピパットについて書きたいと思います。本ブログ「デイリールークトゥン」をはじめ、その前身でもある「バンコク音楽日記」でもたびたび取り上げられており、みなさんにはすっかりおなじみのビウ・・・1984年生まれの22歳。お肌もスベスベ、若いわりに落ち着いたものごしと、まだまだこれから伸びていくであろう表現力豊かな歌いっぷりが今後を期待させますね。現在までにソロアルバムが1枚、グラミー10周年記念アルバムでも1曲歌っていますね。そのほか『ルークトゥンスーパーヒット4』にも1曲収録されていますし、「The Star」での企画アルバムではなんとタイの国民的アイドル、トンチャイのカバーを。なのでコンピアルバム等をよく購入される方には、多少知名度があるかもしれません。 彼はもともと、人気オーディション番組「The Star」の初期メンバー。同期の出世頭はNJのふたりですね。公式サイトで当時の映像を見ることができたのですが(http://www.mcot.net/thestar3/main.php以前は『過去のThe Star』コーナーがあったのですが、今はありません)・・・審査員の前で緊張気味に歌う様子、そしてインタビューでははみかみながら「ずっと歌手になりたくて・・・」と目をキラキラさせて語る姿・・・もうたまりませんねぇ。2004年のデビューアルバム「ナックリアンラン(グ)ホン(グ)」では白いスーツに身を包み、やや濃い目のメイク、ばっちりきまったヘアスタイルで流し目ぎみに歌う姿もイイんですけど、番組当時の初々しい感じも素敵です。あれから2年・・・今はもうちょっと大人っぽい感じでしょうか。 そしてこのデビューアルバムですが・・・PVがどれもなかなか良いのです。ドラマの主題歌にもなった「レンソーンハータムマイ」では、露出度の高いオネエサンを従え、笑顔でダンスナンバーを歌っていますし、別のVでは本人が俳優役を演じているシーンも・・・。この演技もなかなか初々しくてよろしい。歌はわりと堂々としているのに対し、演技力、というか、「見られている」意識がやや薄い感じに好感度大です。照れがあるんですよね・・・。見てるほうがちょっと恥ずかしくなってきてしまいます。ルークトゥン歌手って、出世していくに従って本人が俳優として出演するVが減っていくように思うのですが、ビウの場合は、今後もどんどん出演してもらいたいものですね。なにせ外見はタイの女性にもかなり好まれるタイプですし。 欲をいうならば、まだ若い彼には荷が重いかもしれないですがもう少し強い個性があってもいいと思います。今はまだ、与えられた曲をそれなりに巧く歌いこなすだけですが、もっと「ビウの歌はここがツボ!」というものがあって欲しい。抜きどころ、聴かせどころはちゃんと表現できていると思うので、あとはそこに自分らしい色をつける・・・出入りの激しいルークトゥン界では、この「色」が明暗を分けます。最近ではkomtaさんが「パタヤ・ミュージックフェスティバル2006」でステージを鑑賞されたそうですが・・・在日の私にはなかなか今現在の彼の様子を知ることが出来ないのが残念でたまりません。そろそろ新曲が聴きたいですねぇ・・・。これからじっくりといろいろな経験を積んで、酸いも甘いも噛み分けた大人のルークトゥン歌手へと成長していって欲しいものです。 試聴サイトはコチラから。

ビウの当blog関連記事はコチラコチラに。。

บิว พงศ์พิพัฒน์
スポンサーサイト

コメント

すみません。今更ですが・・・

http://www.gmember.com/thestar3/wearethestar1.php

記事中にあるオーディション風景&インタビューはここでした。初々しいです。

そうなんですよ~

>komtaさん
そうなんですよ。「ナックリアン~」、サラー先生の曲なんです。記事にこのことも書かなくちゃ!と思っていたのに、忘れてました。ま、グラミーの記念アルバム(正確なタイトル失念)にも入れてもらえるくらいだから、それくらいのハクはあると思ってましたが・・・。しかしサラー先生も幅広いですねぇ。「ナックリアン~」は、サビへの入り方がサラー節だなぁ・・・なんていつも思っています。

たしかに

ビウポンは将来がたのしみですねー。
もう22歳なんすねー。
もっと若いかと思ってました。

  • 2006/07/17(月) 18:10:49 |
  • URL |
  • にーの #K.YSh4yM
  • [ 編集]

o( - ii - )o

名曲「ナックリアンラン(グ)ホン(グ)」。。かな?と思ってチョット調べたら、この曲もサラー先生のモノなんですね。なんか、グラミーで出てくるのって殆ど、サラー先生のになりそうですね。。

  • 2006/07/16(日) 17:48:47 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/112-dbf0cdec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。