เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌゥー・ミータゥーが歌う、恥しがり屋の男の歌

muumitarss.jpg
7スィー・コンサートで歌うヌゥー・ミータゥー。


この日(8日)は、7スィー・コンサートにヌー・ミータゥー率いるR・Siam軍団の出演がありました。
หนู มิเตอร์ / ヌゥー・ミタゥー
หลวงไก่ / ルワンガイ
บ่าววี / バーウウィー
ดิว กัลยาณี / ヴィウ・ガンヤニー (出演順は下から順にでした。)
R・Siamと言えば、今ならイン・ティッティガーンを頭とした女性軍しか当Blogではその名が出てこないですが、出演リストのトップに居るヌゥー・ミタゥーなんかはかなり売れています。それに続くルワンガイ、バーウウィーとプア・チーウット+ロック+ルークトゥンみたいのも人気があります。それに『ノープラー・ノーラー』のヴィウ・ガンヤニー。売り出し中のヌン・ラミダーは出て来ませんでした。

で、今日はそのヌゥー・ミータゥーを取り上げてみましょう。
このTVを見ながら、丁度遊びに来ていた教え子(以前、日本語を教えていた子です。)が、「今日、ヌゥー・ミータゥーが出るんでしょ?」と、既にその出演を知っていたようです。この子、タイ国籍のアカ族の23歳の女の娘(?)で、以前から「プア・チーウットが好きで!」と言って居ました。何でも実家に居た時から家にはこのヌゥー・ミートァーのカセットが沢山在って、ズッーと聞いてきたと言うではないですか。アカ族の村と言うのは大抵、北タイ地方の山の中とかに在って集落を成していますが、そんなところでも聞かれていたという事はチョット不思議な感覚です。まぁ、それなりの訳があったのでしょう。TVを見ながら彼女が言うには。。「ヌゥー・ミータゥーは昔はサティング(ポップス)とプア・チーウィットの中間見たいのだったけど、今はルークトゥンとプア・チーウィットの中間見たいのやっているのネ。」と、ちゃんと的を得た事を言います。上の写真じゃ見えないですが、普段からギターを引きながら歌います。ギターの弾き語り(バックも付きますが。。)と言うとフォーク/プアチーウィット系風に見られますが、まぁ大きくは外れては居ないでしょう。

以前はどれ位人気が在ったのか知らないですが、兎も角このR・Siamから出したこの1,2年の曲が物凄くヒットしています。只、このヌゥー・ミータゥー、地味です。歌はソフトな語り口で巧いですが、何しろ地味。去年、ヒットした曲『ライ・オーイ・コーイ・ラック』。ざっとの歌の内容は。。村に居た彼女が出稼ぎで都会に出て行ってしまい、ひたすら待つ身の男の話で、寂しい寂しいと歌う内容だった様な。。地味です。が、ヒット。それも大の字が付く程に。で、3枚目のアルバムも直ぐにリリースが続き、その中から『วอนฟ้าห่มดาว วอนสาวห่มใจ』=ウォーン・パー・ホム・ダーオ..ウォーン・サーオ・ホム・ヂャイ、コレもヒットしています。更に次のそのアルバムからのプロモ曲『คนขี้อาย』=コン・キー・アーイ。この曲のVが本家R・Siamで見れます。このVを見ても、ヌゥーがどんな世界を歌っていてどんな人気があるのか垣間見れるかと思います。で、この曲に至ってはとうとう各FM曲の人気ゲスト1を占めるまでに。。。この人気はイン・ティッティガーンの遥か上を行って居るのではないでしょうか。

物凄いスピードでもって先進化しているかのようなこの国の首都がある一方、田舎へ行けばこのヌゥー・ミータゥーの歌声がしっとり来る世界がまだまだ在ると。。そして情けないかな、寂しがり屋の恥ずかしがり屋の男の歌が流れて行く。

fmbest10july.jpg
先週発売の情報誌『ルークトゥン・ワーライディー』に載ったFM5局のベスト10の全てのトップに!


800_0000000047.jpg
R・Siamからの3枚目のジャケ写。

その他のアルバム詳細と試聴はコチラから。

หนู มิเตอร์
スポンサーサイト

コメント

ギター弾き語り。。。

歌ボン(本)とギターで夕方のソイにあるベンチなんかで歌う若者の姿を見たことがありませんか。。ああいうの見ると自分の10代の頃を思い出して微笑ましいです。ギターが弾ける様になりたいと最初は生ギターを買うでしょう。本当はエレキが欲しいと思っていても。。それでコード覚えて。。。そういう線の延長上にいわゆるプア・チーウィット系の世界が在るんだと思います。

記事本文の方で、そういったプアチーウット系の歌手がルークトゥンの方へ流れていくのは?と持っていこうとして忘れてしまいました。日本でも若い頃はフォークやった居たのがいつの間にか演歌やった居るというパターンと同じだと思いますネ。で、ナンデ?という話をこのまま続けるとコメント欄をはみ出しそうだから、又いつか?

  • 2006/07/09(日) 14:57:47 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

生きるための歌

R-Siam所属の男性歌手はプアチーウィット系がメインですよね。男性が歌うなら、しっぽりど演歌よりも、ノリノリダンスナンバーよりも、私はプアチーウィットが好き、というか聴き易く感じています。しかしなぜにみんなギター弾き語りなんでしょうか?ジャケ写はほとんどギターを抱えたキメポーズですよね。

ゆったり

この人ヒット曲多いですね。
カーンランパーブ
http://www.plengrak.net/source/t_00040.wma
Sukkaparb ruk
http://202.142.220.137/wma/32/4940.wma
Pob ruk tee park nam poh
http://night.dekbaba.com/music/wmac/a1702.wma

  • 2006/07/09(日) 04:49:40 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/105-36e5f4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。