เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AlbumDVD สาวบางโพ - จิ้งหรีดขาว วงศ์เทวัญ

        jinreet at garn

        jinreet at garn2


 2週間ほど前にジンリートからSMSが入り。。。
「明日の朝、8時からTVに出るから見てね!チャンネルはCH5。」と。。。
こうして時々、ジンリートから情報が送られてくるんですが、大体が時間が取れなかったりして見れなかったり、行けなかったりする事が多いんですが、朝8時起床、9時出発という当日の私のスケヂュールでは何とか見れるかも。。という感じでした。そんな朝から何をやるんだろうか?

 で、ジンリートの出番となりまして。。なんと30分くらいか出っ放しで、コレまでの彼女の経歴とかイロイロやっていました。ルークトゥン歌手としてのデビュー・ヒット『ハッチューイ・ティー・ラック』のカラオケVとかも引っ張り出されて、例によって「あら!やーだ恥ずかしいわ!」とかありまして。。リケーの方の話も当然出てきて、その場でリケー歌唱の披露とか。。。で、最後に最新アルバムはご存知の『サーオ・バン・ポー』の紹介となったんですが、そこで目にしたのがDVD盤なんですね。。まだ巷には並んでいないモノなんですが、どうやら近じか出すんでしょう。。CD、VCDとどの位売れたのか分りませんが、なにわともあれDVDでもう一押しという事のようです。

 さて、5月5日。日本は“こどもの日”ですが、ここタイでは〝วันฉตรมงคร”=ワン・チャツモンコン なる休日なんですね。現プミポン国王が王位に即位した日なんです。。その日の午前中にまたまたジンリートからSMSが。。。「今日、ウェティ・タイのコンサートに出演するので都合が良かったら見に来て!場所はラヂャダムヌン・ムエタイ・スタジアム前。」というものでした。。この日もスケヂュール的に私はOKだったので、「それでは、向こうで会いましょう。」と返信しました。。珍しくこのところ、都合がジンリートに合っているようです。。

 あの辺りへ行くにはタクシーが一番!なのでタクシーで現場へ向かったんですが、途中から大渋滞に。。しかも地方から連ねて来た大型バスが何台も何台も止まっており、大勢の人たちが集まっています。。何の目的で? 私はその時点でその理由が判らなかったんですね。。

 なんとかラヂャダムヌン・ムエタイ・スタジアム前のウェティ・タイのステージを見つけました。ここは普通の道路であって、コンサートをやるような広場じゃないんですが、そこにステージが設置されています。。時間はやっと4時くらいだったか。。関係者に聞けば、“ショーのスタートはまだまだ6時からだよ”というので、一時退避。近くに飯屋があったのでそこで時間潰しです。。で、6時ごろにはその道路が封鎖されて、いわゆる歩行者天国状態に。。全国各地から集まった人々が行ったり来たりの右往左往です。この時間になって、何でこんなに人が、という事がわかりました。本日、王位即位を記念したセレモニーがあるんですね。それに合わせた〝ウェティ・タイのコンサート”だったんです。。それでも、なかなかコンサートは始まらない。。で、いいかげん時間がが過ぎて、前座スタート。こういう日なので、クラシックな歌の数々が披露されて。。。そsれが1時間半位あって、さぁ、コンサートの始まりかと思いきやそのセレモニーが始まりました。。皆さんタイの旗とろうそくを手にして。。このような場では黄色も赤も青も無いんですね。。それが1時間くらいあって。。さぁ、やっとウェティ・タイのコンサートの始まりです。。出演はエカラー・スワンナプーム、アージャリーヤー、ジンリートカーオ、そしてインヤンという内容です。ジンリートの出演までは暫く客席で静かに観戦です。。エカラー・スワンナプームは新しいアルバムがイサーン・カメーンよりの題材でまとめたものらしく、それの宣伝かたがた披露しています。出来は良さそうです。。歌は巧いんだけどね。。全体のイメージが硬い。。次のアーヂャリーヤーは。。カワイイ!以上。55+ 私への視線が、”いつも、ありがとう ございます。”としてくれるので、嬉しいです。よく覚えてくれています。。

 さぁ、ジンリートの出演が近づいてきたので、ステージ脇へ移動。ここで、ホント顔を合わすのが久し振りの彼女と会えました。。お互いに「おー!キットゥン・サムー!」と。。相変わらず、元気一杯のジンリートです。ステージを登って行く後姿を見て、客席へ戻ります。

 ステージは「サーオ・バン・ポー」からの曲を中心に全部で5曲ほど。。私の様なファンにしてみれば、もう目の前で展開されるジンリートのショーに同居できるという事だけで、幸せ一杯です。余裕、余裕のジンリートのショーもあっという間に終わりました。最後に挨拶に行った時に、彼女がマネージャーのクンさんに言って、カバンの中から取り出した例の『サーオ・バン・ポー』のDVDをプレゼントされました。ディー・ジャイ・マーク!ありがとう!暫くはまた会えなくなるかもしれないですが、またね!といって分かれました。。久々の長丁場だったので疲れましたが。。。

saao ban pho DVD
クリヤーなDVD映像でもう一度!
スポンサーサイト

เสียงอีสาน การแสดงสด 14th Mar.

         tukataa.jpg
       トゥッカター!ナーラック!

         IMG_5082s.jpg
        ラーチニー・モーラム!ジャカジャン!

         IMG_5092s.jpg
        益々、マスマス!ノーン・ペァーン

         IMG_5093s.jpg
       ダーオ・ノーイ・シアン・イサーン!

 今シーズンのシアン・イサーンのコンサート。今年は行けないかも!?と思っていたら、そのチャンスが廻って来ました!3月14日、場所はスワン・ルム・ナイトバザールです。

 もう、ナンカ毎日やっていても、調子が決まらない。ナンデだか判りました。シアン・イサーンのコンサートを見ていなかったんです。だもんなので、もうシアン・イサーンの今シーズン・バージョンを思いっきり胸いっぱい吸い込んできましたよ!座長のノックノーイをはじめ、ポイファーイ、ルークペァー、カムモート、ヤーイジュン、ジャカジャン、トゥッカター、サーイヤイ、ノーン・ウィ、ノーン・ペァーン、タカテァーン、ジーラワン、ヤールトン、サーオラティー、そしてタロックの面々。みんな元気でいつもの通りです。バックバンドのいつもクールな面持ちのベーシストおねえさんもいつも通り。随分、久し振りだったので、みんなチョットづつ変わっていて。。

 上の写真でお判りのように、トゥッカターのイメチェン振りも御覧の通りです。このトゥッカッター、最初に出てきた時に歌った歌が、あのホントーン・ダーオウドンの『บัวหลวงรอรัก』=ブア・ルアン・ロー・ラックで、余程好きなんですね。この曲が。ところで、ついでながらこのホントーン、本当にウドンタニー出身だったのか最近少し不安です。トゥッカターは同郷の大先輩歌手として取り上げているんじゃないのか!?ということから。。とするとこのトゥッカターもウドンタニー出身という事になってしまうので。。まぁ、いずれ判る事でしょうが。。

 この日は、シアン・イサーンのコンサートではこんなにもモーラムの連発をしていたっけ?と言う位、この日はモーラム、モーラムの連続でした。そうすると、ジャカジャンのラーチニー・モーラム振りが目立ってくると言うモンです。ジャカジャンが登場してくる時が一番、シアン・イサーンのモーラム色が色鮮やかに見えてくる一瞬でもあります。カッコいいですね。

 あと、目を引いたのが、ノーン・ペァーンの成長振りです。予想通りのことなんですが、その成長と併せて、彼女の持ち味が確立されてきていて、マスマス楽しみな歌手になってきています。いつものようにノックノーイと務めたコンサート中盤のステージ。二人して座ってのモーラム・クローン?が実に堂々していて、すこし驚きでした。やっと高校生になったか?というくらいでしょう、確か。。。

 さてさて、この日のコンサートは、誰もがその登場を待ちどうしく思っていたのは。。ポイファーイですね。ロング・ヒットになっている『มันต้องถอน』=マン・トーン・トーン。久々のポイファーイのヒット曲ですね。これも歌と言うよりラップ仕立ての曲です。〝これも”としたのは、サーオマートの『ダーオ・マハラーイ』があるからですが。。どっちの方がよりヒットしているんでしょう?同時期に観たサーオマートのショー部分で、このポイファーイの『マン・トーン・トーン』をやりましてね。。更にアノ「Vallentine」の最新ステージでもやっていましたね。何にせよ、ポイファーイ、いつのもの様にやっているだけなのに、このヒットぶりには本人が一番驚いているんじゃないでしょうか。。しかし、この日、この曲をやり始めるまでジラシに焦らしました。MCが”さぁ、皆さん!何をお待ちですか?”とやって、イントロ部分の演奏を始めると、ウワォー!と観客が〝待ってました~!”とさせておいて。。ステージ上に出てきたポイファーイは、荷車に乗せられたよれよれの格好の病人役です。いつものように知恵がチョット!否、カナリ足りない役どころで(いつものアレ!)。キチガイ女医役で出てきたヤーイジュンが、ポイファーイをハンケツ状態にして特大注射をお尻にブッ刺していました。キチガイ沙汰ですね。。。で、このタロックが長い長い。。。1時間はやっていたかな~。そうしておいての『マン・トーン・トーン』。会場、完全にヒート・アップしました。いや~、ポイファーイでしたね。実に!

シアン・イサーンってホント凄いし、楽しいし、飽きないですね。。。

        





ดวงเดือน ยืนยง คณะดอกกระเจียว - ผญาซี่ง

        IMG_5017s.jpg

        duanduang.jpg

 このコンサート報告はかなり遅れてのものです。日付も忘れてしまって。。保存したデジ・フォトに残されたデータから今年の1月の31日のモノと判明。場所はお馴染みのクロンタンです。この日の1週間くらい前に、会場前をバスで通り過ぎたときに何やら知らない名前の垂れ幕を見て、時間が取れれば行ってみようと思った次第です。

その名も。。
ดวงเดือน ยืนยง คณะดอกกระเจียว - ドゥアンデゥーアン・ユンヨン カナ・ドークグラジアオ

という事で、最初の名前が主役の名でそれに続くのが、カナですから一座の名前という事になります。うーん、全くシリマセン。しかし、こういうケースで〝いや~、凄かった!”というのが時々ありますから、出来る限り見ておくべきモノなんですが。。。

大体の予想はイサーンのモーラム一座であろう。。と、これは当たり!でした。まぁ、それ以外に何が考えられるのか!というモンですが。。もう記憶も確かなものじゃ無いんですが、前座が適当に流して、タロックに入り、小1時間が過ぎた頃に何やらやや太めのオバサンが出てきたと思ったら、コレが凄い勢いでモーラムをはじめまして。。御覧のようにステージ・バックに大きなポスターというか写真がドーンと掲げられており、メーン歌手の存在を知らせている訳ですが、その写真の人物と、今、ステージで歌い始めた歌手が同一人物なのか判らなかったんですね。わたし。で、スグサマ傍に居た男の人に聞きました、ステージ・バックの写真を指差しながら、“同じ人?”と。。返事は〝チャイ!”でした。ちょっと、違って見えるけど。。まぁ~、そんなモンでしょう。

この方が、 ドゥアンデゥーアン・ユンヨン なる方だった訳です。いや~、それにしても、凄い迫力です。まさにグイグイ引っ張っていくと言う。。それと、ヤル演目が普通のモーラムと、もうひとつ、更にプリミティブなタイプの曲と2本立てなんですね。そのもう一つの方が凄いンですは!なんかラオスあたりに居る、モーラムのプロト・タイプの様なスタイルを得意としている歌手。。あんな感じです。。暫し目が点状態に陥りました。こんなのがクロンタンで見られるなんて、コリャ儲けモンというもんです。

え~?イサーンのどの辺の人なんだろうと気になり、また先ほどの方に聞きました。”彼女、イサーンのどの辺からの人なんでしょうか?”と。。スグサマ返事が。。“ウボン・カップ!”と。。ウボンラーチャタニーというのは、ラオスで言うとラオス南部に近い位置ですから、その辺からのルーツが見えてきますが。。

IMG_5005s.jpg
ステージ全景。クリックで大きく。。

ステージ・バックの左下にダンサーで隠れていますが、そこに書かれている〝コンサート・パヤーシン”、このパヤーシンというのが彼女ドゥアンデゥーアン・ユンヨン得意とする演目なんでしょう。即ち、モーラムじゃないもう一つのタイプの方の曲の種別が。。

という事で、後日、彼女の名前 ดวงเดือน ยืนยง と その ผญาซี่ง で ググって見たんですが、何も出てきませんでした。うーん。何とか彼女に関連する糸口を見つけたかったんですが、プツっ!切れてしまったかのようでした。まるで夢の中の様なシーンを今、思い返していますが。。。

さて、コンサートはその後、なんとトップライン・ダイアモンドからの男性歌手2人が出てきて、更に違った空気をステージ上に吹き込みました。その二人とは。。ศักดิ์ ภูเวียง =サック・プーウィアンとแดง จิตกร=デァーン・ヂッタゴンです。もう二人とも物凄い人気です。ドゥアンデゥーアン・ユンヨンがメインのコンサートの筈ですが、ちゃんとステージ構成を考えたモノなんでしょう。なんか心得ていますね。

ということで、思いがけない拾い物、ドゥアンデゥーアン・ユンヨンのコンサート報告でした。。

IMG_5034s.jpg
いつも目が赤くギラギラしていて挙動不審なステージが堪らない、デァーン・ヂッタゴン。

シアン・イサーン  の  コンサート (クロンタン)‏・・・シライのコンサート報告 299

        1.中央の3人
        4.ノックノーイ&..

 12月21日 クロンタン で開催された シアン・イサーン の コンサート を報告します。

 この日は、完全休養日として、のんびりしておりました。部屋から出たのは、昼食を食べる時だけ、あとはずっと音楽を聴きながら、読書をしておりました。そして、夕食をどうしようかと考えている時、クロンタンでコンサートがある看板を見たのを思い出しました。楽団は車で前を通り過ぎただけだったので、不明でした。のんびり、散歩がてらクロンタンまで歩いて確認し、そのまま、帰るつもりでしたが、看板を見るとイアン・イサーンと書いてあるではありませんか。そのまま、100バーツ+20バーツ(椅子代)を支払い、入場してしまいました。計画性のない私です。

 20時10分過ぎ、踊り子達が出て来てイアン・イサーンのパフォーマンス開演です。楽団の歌手、お笑い陣、それに踊り子達が一堂に舞台上に集合です。本日はイサン・イサーンの単独公演です。

 顔見世が終わると、ルアンダーオ(サーオダーオ?)達の若々しいパフォーマンスです。彼女らのパフォーマンス後、女座長のノックノーイが鮮やかの黄緑の衣装で登場です。その後、娘のノーンペーンが同じく鮮やかな黄緑の衣装で登場です。新アルバムも出して、大々的に売り出し中です。その後、再び、ルアンダーオの面々が一人一人歌いました。演出的には優遇されていますね。華があるからでしょうか。

 その後、カムモートが登場してパフォーマンス。以前より迫力が出て来た感じですね。若い女性ファンも増加中です。そして、ルークペーのパフォーマンスへと続きます。こちらも格好付けております。そして、回る、回る。見ているほうが、目が回りそうです。

 ここで一段落してお笑い陣の登場です。ヤーイジュン、カムモート、ポーイファーイにポーチャーリー等が大活躍です。お笑いは女装したヤーイジュンを中心に進行しますが、ポーイファーイのとぼけた味がアクセントになっております。約1時間のお笑いです。タイ人は大笑いしておりました。VCDを売りにきましたが、お笑いのVCDが中心で、カラオケは古い物しかありませんでした。新しいVCDが有ったら買ったのですがね。

 お笑いが終了するとダーオトーンの面々のパフォーマンス。お色気交じりの、やや下品な歌兼パフォーマンスと言えるでしょうか。お笑い陣が飛び入りして、衣装換えの時間を取っておりました。その後、またまた妖艶なパフォーマンスです。一人で歌を歌ったのはジャカジャンのみでした。一人一人のパフォーマンスがないのが、残念です。

 その後、ポーイファーイが登場して、歌いました。新アルバムはコミックソング中心なのでしょうか。更に、ヤーイジュンが登場して、迫力ある歌のパフォーマンス。最後は疲れたのか、ポーイファーイに耳打ちして舞台から退場しました。

 主力メンバーのパフォーマンス後、若手男性陣の歌です。24時も過ぎているので、終了に向かって驀進中と言えるでしょう。そして、女性歌手達も登場して、フィナーレです。25時、少し前です。5時間に及ぶパフォーマンスに満足して帰りました。

一応最後のコンサート報告になりそうなので、統計敵なデータです。
総報告数 299回。300回に一つ足りませんが、タイ人の好きな9で縁起がよいとしておきましょう。

登場回数の多い順番に
25回  ジンタラー・プーンラープ
22回  タカテーン・チョンラダー
21回  カテー
20回  イン・ティティカーン
19回  シリポーン・アムパイポン
     フォン・タナスントーン
17回  ターイ・オラタイ
     バウウィー
15回  ノックノーイ・ウライポーン
14回  カタリーヤー・マーラシー
    ピー・サドゥー
13回  アーン・ザ・スター
    ダムロン・ウォントーン
12回  ヌー・ミター
    ルン・スリヤー
    パイ・ポンサトーン
11回  メンポー・チョンティチャー
    スナリー・ラーチャシーマー
    ルークペー・ウライポーン
如何ですか。ベテラン歌手達は私の好みが出ている感じですね。そして、現在、人気のある若手が入っているのかな。
また、ウェーティータイを見に行った回数も69回(9で縁起がいい?)です。良く行きました。ゲーオ氏、マレーン氏に感謝致します。
イサーン・タワンデーン 17回 私の住んでいる所に近いからでしょう。
FM95関係 14回 よく催しを行ってくれて感謝しております。

シライ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。